知的障害者施設 4万ページの支援日誌
トップページ
個性豊かな子どもたち
そして悩める職員たち







↑障害別・目的別にたくさんの本とアイテムを紹介しています。必ず皆様のお役に立つと思います。



ついにアップしました!ジャンケンを使わないレクリエーションゲームをたくさんたくさん紹介しています。ぜひ参考にしてください。







↑地味な名札をビジュアルな千社札で作成。個性に合わせた色と柄で、子どもたちもわかりやすく安心です。

鍵つきトイレットペーパーホルダー/菜の花工房

鍵つきトイレットペーパーホルダー/菜の花工房

↑ついにオープンしました。鍵つきトイレットペーパーホルダーや鍵つきタオルハンガーを販売をしています。困った時のヒント集が、好評を頂いています。



↑知的障害者のためのレクリエーション指導講座です。コツやヒントが満載で、筆者オススメの本とグッズが好評をいただいています。



↑高齢者のためのレクリエーション指導講座です。コツやヒントが満載です。

トイレットペーパーホルダー今昔物語

↑トイレットペーパーホルダーについて色々とご紹介しています。福祉や看護に役立つトイレットペーパーホルダーもたくさんあります。

トイレットペーパーホルダー・ミニショップ
トイレットペーパーホルダー・ミニショップ

↑すてきなトイレットペーパーホルダーや、おもしろいトイレットペーパー、災害時用のトイレットグッズなどをたくさん販売しています。みなさまのトイレット・ライフにぜひご活用くださいませ。

「ふくしチャンネル」

↑ふくしチャンネルは、福祉や介護に関する情報発信・相互交流を目的とした総合サイトです。ぜひ、どうぞ。




↑ふくしごーごーは、いろいろな福祉や介護に関するリンク集です。ぜひご活用ください。



↑ゆっくりねっとサーチは、障害を持つ子供達に関連するホームページを応援する検索エンジンです。

ハートネット広場

↑ここには知的障がいのある人の『こんなときどうするの?』『どこへ相談したらいいの?』が散らばっています。広場の中をあちらこちら見ていってください。

天使のWEB検索

↑障害を持って生まれてきた子どもたちの検索エンジン天使のWEB検索です。

障害者支援
ライブラリー


↑ノーマライゼーションの実現を目指して障害者支援について考察するサイトです。



↑恒和永千会は、「人は人として人らしく」を理念とし、社会福祉事業を通じ、この宇宙そして地球に生を受けた、人としてあたりまえで、人らしい幸せな生活を創造します。



↑『パラリンタウン』は障がい者と障がい者サポートの為に有益な情報を皆で共有し、より明るい社会を築いて行くための相互コミュニティーサイトです。



↑『パラリンワーク』は障がい者・職場適応援助者(ジョブコーチ等)に特化した求人・求職サイトです。趣旨と異なる求人広告の掲載はいかなる場合も出来ません。
































































無料カウンター


 筆者が選んだ本とアイテム  


筆者が選んだ本とアイテム/今月のイチ押し






筆者が選んだ本とアイテム「今月のイチ押し」コーナー

に、ようこそおいでくださいました。ここでは障害別や目

的別に、たくさんの本やアイテムをご紹介しています。必ず皆様のお役に立つ

と思いますので、ぜひ参考にしてください。それでは、どうぞご覧ください。


 知的障害の子どもたちを理解する本
 ダウン症の子どもたちを理解する本
 自閉症の子どもたちを理解する本
 TEACCHと構造化を理解する本
 言葉とコミュニケーションを理解する本

 福祉制度を理解する本
● 楽しく育つ知育玩具と教材 
● 木製ジグゾーパズル 
 その他の教材やアイテム
 カードブックシリーズ


                 随時追加更新します


東京図書出版会 おねがい、ボクをみて!
★この続きは、ただ今発売中の「おねがい、ボクをみ

て!」(東京図書出版会)
で、お楽しみ下さい。 当サイ

ト掲載分に大幅追加して全75話収録しています。読み

応え充分、是非お求め下さい。当書のお求めは、お近く

の書店、またはブックサイト「東京図書出版会」および

「紀伊国屋書店」からご注文ください。


発行 東京図書出版会 定価【1300円】
ISBN978−4−86223−274−8
C0036


今月のイチ押し


【今週の筆者オススメショップ】
    

知的障害者のためのレクリエーション指導についての本は「知的障害者のためのレクリエーション指導講座」をご覧ください。知的障害者のためのレクリエーション指導のコツやヒントが満載で、筆者オススメの本とグッズが好評をいただいています。


 



 知的障害の子どもたちを理解する本

知的障害の子どもたちが一番良く関わるのは、やはり同じ年代の健常児と言われる子どもたちです。このお友達と親御さんにまず読んでいただきたい本が続々と出版されています。第4集第2話で私が独白したように子どもとは残酷なものです。友達の障害を平気でからかうことが良くあります。それには大人の言動の影響もあると思います。子どもも大人も一緒になって知的障害を学ぶことは大切なことです。今まで、このような本がなかったのが不思議なくらいで、私は大変喜んでいます。ぜひ一度手にとってページをめくってみてください。

これは12冊のシリーズになっていて、たいへん素晴らしい本です。中は絵本風になっていて、紙芝居のように子どもさんに読み聞かせるのにピッタリです。 これも子ども向きで11冊のシリーズです。子ども向きと言っても、小学校高学年から中学生ぐらいが読むのに適しているかと思います。 やさしい図解で知的障害への理解が深まります。親御さんや学生さんに読んでいただきたい一冊です。
まさに題名通りの本です。四コマ漫画が多用されていて、実にわかりやすく楽しく学ぶことができます。とにかく手作りの自助具やアイテムの写真が盛りだくさんで、その情熱の深さと言うかパワーに圧倒されます。
教育現場の「困った!」に応えて専門家が作りました。今までにはなかった記入式シートと実例集で、子どもの傾向と接し方がわかります。
コミック版。自らの体験をもとにしたコミック版です。発達障害がある子どもたちの日々の暮らしを楽しくおかしく描いています。 教室でできる特別支援教育のアイデア172 小学校編
LD,AD/HD,高機能自閉症などクラスで気になる子どもの学習・生活・友達づきあいの支援 教室で行う特別支援教育 3
教室でできる特別支援教育のアイデア 中学校編

授業におけるLD,AD/HD,高機能自閉症の支援 
教室で行う特別支援教育 4

                                                  このページのトップへ→


 ダウン症の子どもたちを理解する本

ダウン症については他の障害と比べて書籍が少ないのはどうしてでしょうか。その中でも以下の書籍は秀逸です。ぜひ読んでみてください。私はイラストや図解がたくさん載っている書籍が大好きです。わかりやすくて、とっつきやすいです。障害と言う重い分野を初めて学ぶ方には、このわかりやすさが大切だと思っているからです。

ダウン症の子どもさんに特有の風貌を、嫌味なく表現しているのが素晴らしいです。イラストレーターの苦労がしのばれます。少ないページで見事にダウン症について書き上げています。入門書としても素晴らしい本です。 写真が多用されていて、ダウン症独特の可愛らしい表情が良くわかります。全編に筆者の愛情を私は感じました。 ダウン症支援に役立つ情報・研究成果のすべてがこの一冊に!「生涯発達支援プログラム」など、今すぐ使える具体的な内容が満載。本書は、ダウン症に関する医療・心理・療育・教育・福祉等のあらゆる情報を網羅したハンドブックです。 4725円は大変高価ですが、この本はまるで百科事典のような趣があります。是非一冊は常備しておきたいものです。

                                                  このページのトップへ→



 自閉症の子どもたちを理解する本


福祉を学ぶ学生さんは年々増えていて嬉しい限りです。私のいた施設にも毎年たくさんの学生さんが実習に来られます。そんな学生さんや、施設に就職した新人職員さんに読んでいただきたい本をご紹介します。いずれの本も図解入りで実にわかりやすく書かれています。

自閉症は解説するのが大変難しい障害です。しかし、この本は見事に描いていて嫌味がありません。また、自閉症を自閉症スペクトラムという考えで捉えていること、また高機能自閉症であるアスペルガー症候群とは違うことを明示してあることが新鮮でした。ぜひ読んでみてください。 自閉症は解説するのが非常に難しい障害ですが、実にわかりやすくコンパクトにまとめられています。大人が読んでも充分に納得できます。小学生高学年から学生さんまで幅広く読めると思います。 自閉症といえば佐々木正美氏をおいて他にはいないでしょう。イラスト版とうたっているように、実にたくさんの図解を用いて本当にわかりやすい本となっています。まさに学生さんや新人職員必携の入門書と言えるでしょう。 これは自閉症の子どものためのカードブックです。私もこのような本を作りたいと思っています。シリーズになっていますので是非見てください。
自閉症の子どもたち独特のこだわり行動を明るく楽しく解説してあります。字も大きくてたいへん読みやすいです。 トイレの問題は大変重要なことです。私も在職中は一番苦労しました。この本は応用行動分析学(ABA)に基づいた効果的な指導法を教えてくれます。

コミック版。自閉症という障害を持つ息子の母親が、一人の女性教師との出会いをきっかけに、運命に立ち向かい子供とともに成長していく姿を描いた感動の物語。実話とのこと。 コミック版。自閉症の子どもさんを持つ母親の実話だそうです。さまざまな周囲の困難に翻弄される母親の苦悩が主として描かれているように思えます。


                                                  このページのトップへ→



 TEACCHと構造化を理解する本


TEACCHは自閉症の子どもたちだけのためと思われがちですが、実は他の知的障害の子どもたちにも大変有効です。その意味でも多くの人たちに呼んで実践していただきたい方法と言えます。

この本も佐々木正美氏の監修です。全編くわしいイラストで解説してあり、構造化が視覚的にわかりやすく学ぶことができます。構造化を学ぶには、学生さんや新人職員だけでなくベテラン職員にも必携の書と言えるでしょう。続編もあります。 自閉症をもつ子どもとのコミュニケーションをはかるための手法としての視覚的構造化の基本と、その応用についてカラー写真を多用してわかりやすく伝えています。僅か50ページの薄い本ですが、何と言ってもノースカロライナ大学医学部精神科TEACCH部によるというのがすごいです。 自閉症の方への現在の最も実践的で優れた対応であるといわれるアメリカのノースカロライナ大学で始められたTEACCHプログラム。その基礎の入門から実践、専門編までを分かりやすく解説していますす。また我が国における誤った理解などにも言及しています。 この本も佐々木正美氏の本です。たくさんの実践例と報告が載っていて、研究するには大変役立つと思います。現場の教職員や施設職員向けと言えます。


                                                  このページのトップへ→



 言葉とコミュニケーションを理解する本


知的障害の子どもたちに最も大切な支援は、言葉の指導とトイレットトレーニグと言えます。児童期において正しい支援がなされるかどうかは重要な問題です。正しい知識と方法を学んで欲しいと思います。

発達と障害を考える本「ふしぎだね!?」シリーズの一冊です。このシリーズは「おともだち」シリーズや「すべてがわかる本」シリーズと同様、親御さんや学生さん、施設の新人職員さんなどにわかりやすく書かれていて素晴らしいと思います。 難しい言葉の指導をわかりやくイラストで解説しています。お母さんにも読んでいただきたい一冊ですね。 自閉症をはじめとした、話し言葉によるコミュニケーションに重度の困難のある子どもや大人の人に対する拡大・代替コミュニケーションシステム(AAC)が、わが国でもその重要度を増しています。本書では、絵カードを使ったPECSトレーニングとその展開の仕方が、わかりやすく解説されています。 簡単な描画と色をつかい進行中の会話を図示することで、自閉症の子どもとの情報交換、コミュニケーションを支援する道具、コミック会話。本書は、その実践的な使用法を懇切丁寧に解説した初の「コミック会話」入門書です。巻末にはコピーして使えるシートが収録されていて大変便利ですね。


                                                  このページのトップへ→



 福祉制度を理解する本


私は施設の大切さ重要性を訴える1人です。しかし、一方で施設解体論や無用論が主張されているのも良く知っています。物事を正しく判断するためには、正しい知識だけでなく、反対論にも耳を傾けることが大切だと思います。その意味でも以下の書籍はぜひ一度は読んでいただきたい本と言えます。


21人の知的障害者の方の本音が聞かれます。障害のある人も、障害のない人も、耳が痛い内容ですが、しっかり受け止めることが必要です。 入所施設で暮らす約12万人の知的障害者たち。その経験を、地域で暮らし始めた21人が実名で語る。常に職員に見られている「息苦しさ」、集団生活が忘れさせる「ひとりで考えるということ」。「もう絶対施設には戻りたくない」という切実な思いが読むものの胸を深く打つ。 第1章 事例―さまざまなニーズに基づくホームヘルプサービスの展開/第2章 どのように事業を運営するか/第3章 自分らしく生きられる地域づくりを目指して 障害者福祉の新しい仕組みを形づくる「障害者自立支援法」。本書は、図表を用いながら新制度のポイントを54項目にわたり詳しく解説。当事者や行政関係者はもちろん、福祉を学ぶ学生まで、幅広く読んでいただける新制度の解説書の決定版です。


                                                  このページのトップへ→



 楽しく育つ知育玩具と教材


私は教材としての知育玩具には多大な関心があります。在職中も手作りで何百という教材を作りました。子どもにとって玩具は大切な教材です。遊びながら楽しく知育できれば何よりです。どうか良い教材を提供してください。


柔らかい手触り、カラフルな色使い…好奇心いっぱいの子供たちのために生まれた絵本です。遊びながら英語や数字が学べます。ママとお話しながら一緒にお勉強。子供たちの創造力を広げてくれます。絵本が入る専用袋付き。 1996年にアメリカにて幼児用品ベスト100に選ばれた、とっても優れた絵本です。0〜9までの全10ページあり、48ピースのマスコットがついており、マジックテープで取り外せますので安全に楽しく学ぶことができます。 数と計算、色あわせ、大きさ重さ比べ、指先の訓練、集中力・想像力の育成などこれひとつでいろんな事が学べます。知育玩具としてオススメです!! 時計の針を回しながら、一日の生活の流れを学びます。時計の読み方、時間の間隔などの練習に適しています。時計はボタンで着脱可能。腕にすることも出来ます。各ページのいくつかのパーツは取外しが出来ます。 木のおもちゃの優しさと、絵本の楽しさの両方が伝わる小さな木の絵本です。持ち運びにも便利です。絵本の内容:丸い穴から赤い丸が見えます。次は何の赤色・・・?
鈴が入ったいろいろな色や形の布ブロックを、箱に入れたり箱から出したりしているうちに、色や形の概念が身につきます。布製だから安全。初めてのおもちゃに。 さまざまな形をしたブロック10個を、形を考えながら、ボックスに入れる知育玩具。有名メーカーだから寸法も正確で安心、進物にピッタリ。■メーカー 河合楽器製作所 遊びながら適度な刺激と運動を繰り返すことで、自然に創造力や感性を高める木のおもちゃです。おもちゃは上手く遊ばせることよりも親子で楽しむことが大切です。おもちゃを通じて親子のふれあいを深めましょう。 6つの穴の開いた赤い屋根のおうちには、遊びがいっぱいつまっています。パズル遊び・ひも通しあそび・つみきあそび・時計あそび・くるくる回してビーズあそび。どれも指を使いながら遊ぶので、手先の器用さが養われ、集中力を鍛えます。また、7種類のブロックの形を認識しながら型にはめ込むパズルあそびは、総合的な知的能力を高めます。
森のあそび箱2は、木琴、動物はめ込みパズル、数合わせパネル、おままごと(野菜を切って遊べます)、ベビーコースターの4通りのあそびができます。ベビーコースターも充実していて好奇心をめいいっぱい刺激されるおもちゃ箱になっています。一箱で何通りでも遊べるので飽きが来ないのが魅力ですね。四角い箱に、楽しさをいっぱい詰め込んだ森のあそび箱2は、大人気の1のパワーアップバージョンです。 「HEIWA プレスクール トイ クルクルキューブ どうぶつ」は、8つのキューブをクルクル回す絵合わせ遊びです。4種類のどうぶつがそれぞれ4つの顔(泣き・笑い・怒り・ほほえみ)になっています。絵合わせの他、積み木遊びや絵を見ながらお話したりと、いろいろな遊びが楽しめます。遊びの中で工夫をしたり新しい発見があったり、子どもたちの日々のステップアップに。 キューブを動かして絵合わせします。 絵柄は6種類で、お子様の指先の訓練、考える力を養います。 重ねて遊べるマルチトイ「トレーニングキューブ」立方体の底が抜けた本体に、指先運動を促す仕掛けや、かわいい動物のプリントがついた布の面と立体パズルやひも通しなどの遊びの機能が付いた木製の面の5つのスタッキングトイ。 それぞれの本体は単体としても楽しめるのに加えて、重ねて遊ぶのもお子様の好奇心をさらにかきたてます。それぞれ大きさが違う本体は、収納時には一つの本体にすっきり収納できコンパクトに!
遊びながら適度な刺激と運動を繰り返すことで、自然に想像力や完成を高める木のおもちゃです。おもちゃは上手く遊ばせることよりも親子で楽しむことが大切です。おもちゃを通じて親子のふれあいを深めましょう。お子様の好みや発育段階でも遊び方の変化に豊富な品揃えでお応えします。 くっつけて、積み上げて、何ができるかな? あそび広がるブロックセット。 大きな遊びができるのに、片付ければスッキリ収納。 知育にも最適の優しい肌触りの布製ブロック。 本体サイズ:425×425×20mm 手を上手に使えるようにすることは、脳を上手に使えるようにすることです。手指を使うと脳の感覚野や運動野の血液の流れが30〜40%アップします。手から脳へ、脳から手への相互の関連でますます大脳の発達が促進されます。手指の機能を支配する神経細胞は、口の機能とともに広い分野を占めています。 組み木とは・・・目先の焦点を合せ、指先に力を入れてきつめの穴に棒を組み合わせ複雑な想像力と集中力を使って夢中になって遊ぶ。指を使うので言葉がよく出てくるようになります。 お子様の自由な発想で、 色々な物が作って頂けるようになっています。
目をキラキラさせたとびきりの笑顔と、弾む声が今にも聞こえてきそう。ありったけの愛情を注いであげたい、かけがえのない存在。遊びながら心と身体、そして無限の才能がすくすく育ちますように。 磁石のついたスティックで、迷路の中の玉を自由に動かしてみよう!オサルさんやかめさん、ゾウさんなど、ゆかいな動物たちがいっぱいついています。スティックは2本ついているから、兄弟やお友達同士で仲良く遊べますよ。迷子にならないように上手に動かしてね♪ 最後までビー玉がころがるコースを作り上げていきます。実際に子供と一緒に大人が遊んでいると、いつのまにか子供以上に熱心に試行錯誤している自分に気付きます。そうなんです、大人が遊んでも十分に面白いのです!!普段お子さんとなかなかコミュニケーションがとれないパパはこのキュボロでいっしょに遊べば楽しい時間を過ごせますし、仕事に疲れたら無心になってこのcuboroで遊んでみると結構いい気分転換になりますよ !! SES社 知育玩具 サファリスタンプセットです。小さな子供は押すだけで楽しいスタンプ遊び。ゾウやライオンといったサファリに住む動物や、クマやサルまで11種類の動物スタンプ入り。パターンシートで木や草、家や柵を描いて、6色のペンで色付けすればサファリパークの完成です。開封後すぐに遊べるようインクとノートもついています。


                                                  このページのトップへ→



 木製ジグゾーパズル


教材としてのジグゾーパズルは奥の深いものです。神奈川県の弘済学園では、独自の理論に基づいてシステム化されたパズル教材の学習があって注目されています。書籍も多数出版されていますから一度はご覧になっていただきたいと思います。ここでは木製パズルにこだわってみました。


「ジョージ・ラック 5重パズル 白くまと仲間たち」は、木のおもちゃのパズルです。ジョージ・ラックのパズルのはじまりは、ご夫妻でご自分たちの子供を楽しませようと作り始めたのきっかけです。幼児が遊ぶ単純なものには原色を、年長児向けにはリアルな色をと色使いにしたり、層になっていると順番に作業する事を学べ、かくれんぼを楽しめるパズルになるなど、いろいろな工夫がつまったパズルです。 「ジョージ・ラック 3重パズル うしとうま」は、木のおもちゃのパズルです。ジョージ・ラックのパズルのはじまりは、ご夫妻でご自分たちの子供を楽しませようと作り始めたのきっかけです。幼児が遊ぶ単純なものには原色を、年長児向けにはリアルな色をと色使いにしたり、層になっていると順番に作業する事を学べるし、かくれんぼを楽しめるパズルになるなど、いろいろな工夫がつまったパズルです。 「ジョージ・ラック 2重パズル 犬たち」は、木のおもちゃのパズルです。ジョージ・ラックのパズルのはじまりは、ご夫妻でご自分たちの子供を楽しませようと作り始めたのきっかけです。幼児が遊ぶ単純なものには原色を、年長児向けにはリアルな色をと色使いにしたり、層になっていると順番に作業する事を学べ、かくれんぼを楽しめるパズルになるなど、いろいろな工夫がつまったパズルです。 「ジョージ・ラック 2重パズル ノアの方舟」は、木のおもちゃのパズルです。ジョージ・ラックのパズルのはじまりは、ご夫妻でご自分たちの子供を楽しませようと作り始めたのきっかけです。幼児が遊ぶ単純なものには原色を、年長児向けにはリアルな色をと色使いにしたり、層になっていると順番に作業する事を学べ、かくれんぼを楽しめるパズルになるなど、いろいろな工夫がつまったパズルです。
「ジョージ・ラック トリックパズル ひまわりとネコ」は、木のおもちゃのパズルです。ジョージ・ラックのパズルのはじまりは、ご夫妻でご自分たちの子供を楽しませようと作り始めたのきっかけです。大人も楽しめる工夫があるパズルです。タテでもヨコでも遊べる不思議なパズルです。 「ジョージ・ラック 昼の街」は、木のおもちゃのパズルです。ジョージ・ラックのパズルのはじまりは、ご夫妻でご自分たちの子供を楽しませようと作り始めたのきっかけです。幼児が遊ぶ単純なものには原色を、年長児向けにはリアルな色をと色使いにしたり、層になっていると順番に作業する事を学べ、かくれんぼを楽しめるパズルになるなど、いろいろな工夫がつまったパズルです。こちらのパズルは、大人も楽しめる難易度の高いパズルですインテリアとしてもお使いいただける完成度の高いおもちゃです。 「ジョージ・ラック レインボーパズル アヒル」は、木のおもちゃのパズルです。ジョージ・ラックのパズルのはじまりは、ご夫妻でご自分たちの子供を楽しませようと作り始めたのきっかけです。幼児が遊ぶ単純なものには原色を、年長児向けにはリアルな色をと色使いにしたりなど、いろいろな工夫がつまったパズルです。 「ジョージ・ラック レインボーパズル クマ」は、木のおもちゃのパズルです。ジョージ・ラックのパズルのはじまりは、ご夫妻でご自分たちの子供を楽しませようと作り始めたのきっかけです。幼児が遊ぶ単純なものには原色を、年長児向けにはリアルな色をと色使いにしたりなど、いろいろな工夫がつまったパズルです。
単純なかたちと色のパズルなので小さなこどもさんでも楽しく形を覚えられます 自由に積み上げたりはめ合わせたりすることで考える力や創造力を養います。 この形はどのくぼみにはまるかな?形の楽しさを覚えるはじめの一歩!手先を使う、形合わせパズル!カラフルで、手に優しい手触りが特徴! おはなのパズルをボードのペグや溝に沿ってじょうずにはめていきます。パズルのピースは立体的になっているので、つみきとしてもあそぶことができます。おはな以外にも想像力を働かせて、色んな形を作ってみましょう。ピースをはめていくことで、形の認識を促し、つみ重ねたり、くずしたりとあそびをくりかえす中で集中力やバランス感覚を身に付けることができます。
「ジョージ・ラック ステップパズル うさぎ」は、木のおもちゃのパズルです。ジョージ・ラックのパズルのはじまりは、ご夫妻でご自分たちの子供を楽しませようと作り始めたのきっかけです。幼児が遊ぶ単純なものには原色を、年長児向けにはリアルな色をと色使いにしたり、層になっていると順番に作業する事を学べ、かくれんぼを楽しめるパズルになるなど、小さな子供たちの為に、いろいろな工夫がつまったパズルです。 かわいい動物たちのいろいろな表情と服装をコーディネイト。6つの顔の表情、6つのトップス、6つのボトムスを自由に着せ替えることができます。 「HEIWA 着せかえパズル ねこちゃん(女の子)」は、かわいい動物たちのいろいろな表情と服装を、自由にコーディネイトできるパズルです。6つの表情(こまったなぁ・プンプン・スマイル・えーん・おすまし・あッ)、6つのトップス、6つのボトムズの計18ピース。小さなスタイリストさんの誕生です。 アニマルフレンズは、男の子の服の型・女の子の服の型がそれぞれ共通になっていますので他のアニマルの服も、楽しく組み合わせられます。
かわいいウサギたちが 背中におんぶ ごろにゃんとだっこ。1匹また1匹と積み上がり ピラミッドになりました。立体パズル(3次元パズル)の上級編です。曲線で出来ている動物(ねこ)のピースを組み合わせると直線に囲まれた図形(3角形)があらわれる、造形のおもしろさを味わいます。 かわいいネコたちが 背中におんぶ ごろにゃんとだっこ。1匹また1匹と積み上がり ピラミッドになりました。立体パズル(3次元パズル)の上級編です。曲線で出来ている動物(ねこ)のピースを組み合わせると直線に囲まれた図形(3角形)があらわれる、造形のおもしろさを味わいます。 「プランプレスクール シェープソーター」は、ゴムの木でできたプラントイです。プラントイは天然の木の素材感を活かしたデザインと色の、木のおもちゃ。発達段階に合わせて選べるので、毎日の遊びの中で創造性や社会性が自然と身に付きます。ボートの形とブロックの形を合わせるトイ。4つの形状の異なるブロックに穴の開いたボードを重ねることで、色々なタスクが可能です。手と目の協調性や、思考力が養われます。 同じ大きさの4色の三角形を、木製の基盤にはめ込んで遊びます。ピースを組み合わせれば、自由な発想の”乗物”や”動物”などと作る事が出来ます。色と形を覚えながら、豊かな発想力を育みます。
キュリアスジョージの木製ジグソーパズルセットです。4種類のパズルが入っていて、インテリアにもぴったり。木箱に入っています。 「パズル フォームアニマル」は、4種類の動物のパズルが入った幼児用おもちゃです。パズル遊びは、物を識別したり組み合わせたりする知的能力の発達に最適。簡単なジグゾーパズルなので、小さなお子様でも楽しめます。にわとり(2ピース)、さかな(3ピース)、犬(4ピース)、かめ(5ピース)がセットになっています。 ピースの一つ一つが動物で出来た木のジグソーパズルです。木枠付きなので、木枠の内側にピースをはめていくジグゾーパズルとして、また木枠とは別に立体パズルとして組み立てたり、自由積み木のようにしても楽しめるおもちゃです。パズルスタンド(別売)もあるので、インテリアとしても飾っておくことも出来ます。 楽しく遊んでお勉強!3歳からの知育パズル。色付けに仕様されているペイントは子供に安全で、無毒性の原料を使用。使用木材は持続可能な森の木を使用・・・と地球にも優しいパズルです。ヨーロッパ安全基準を満たしており、CEマーク(適合性表示マーク)に適しております。


                                                  このページのトップへ→



 その他の教材やアイテム


こころ工房のGoTalk+(プラス)シリーズは、メッセージを録音してボタンをおすだけで音声を再生できるコミュニケーション・ツールです。軽くて丈夫で携帯に便利なデザインです。さまざまな場面であなたのコミュニケーションをサポートします。


ゴートーク20+ 

「ゴートーク20+」

GoTalk+(プラス)シリーズは、メッセージを録音してボタンをおすだけで音声を再生できるコミュニケーション・ツールです。軽くて丈夫で携帯に便利なデザインです。さまざまな場面であなたのコミュニケーションをサポートします。 20メッセージ(各8秒)×5場面と、5つの共通メッセージキーは各12秒ずつ登録可能。

【サイズ】30×23×2.8cm 【重量】670g 【キーサイズ】2.5×2.5cm
背面にはオーバレイシートを収納しておけるポケットがついています。



ゴートーク9+ 

「ゴートーク9+」

Go Talkは音声出力式のコミュニケーションエイド機器です。仕事、家、遊び場など何処にでも持っていくことができ、軽くて丈夫で使いやすいのが特徴です。ことばの学習の際にも使えます。9メッセージ(各10秒)×5場面と3つの共通メッセージキーが各15秒ずつ登録可能。

【サイズ】30×23×2.8cm 【重量】630g 【キーサイズ】4.5×5.7cm
背面にはオーバレイシートを収納しておけるポケットがついています。



ゴートーク4+ 

「ゴートーク4+」

ユーザーは、キーに触るとメッセージが再生されます。スライド式オーバーレイには、絵や字を書き込むことができますので、それを見れば再生したいメッセージがどれなのかがわかります。そして、その絵や文字のキーに触るとメッセージが再生されます。4メッセージ(1〜4場面は10秒/5場面は20秒)×5場面と2つの共通メッセージキーが各17秒ずつ登録可能。

【サイズ】30×23×2.8cm 【重量】630g 【キーサイズ】7.6×7.6cm
背面にはオーバレイシートを収納しておけるポケットがついています。



ポケット・ゴートーク 


「ポケット・ゴートーク」

Go Talkには主に三つの用途があります。第一にコミュニケーション能力を強化するための機器としての用途。第二に次にすることや、必要なものを人に教えたりすることができる用途。第三に学習機器として学校での勉強の時に使う用途。実践していくうちに、こういった用途が重なりあってくることがわかります。 5メッセージ(12秒)×5場面を登録可能。

【サイズ】14.3×7.52×2.54cm 【重量】212.25g 【キーサイズ】2×4cm
付属品:キャリングケース。 1スイッチを接続して、スキャニングの機能で操作することもできます。


                                                  このページのトップへ→



 カードブックシリーズ


今でこそ多くの専門書や教材が発売されていますが、私が新人のころは少ししかありませんでした。ですから教材一つ作るのにも、パソコンがないため自分で手書きで作ったものです。そんな時代にほしかったのがカード式のテキストです。今でもカード式のテキストは少ないようなので、今回自分たちで作ることにしました。残念ながらご紹介できるのは2010年秋になりますが、ぜひ使ってみてください。


基礎の基礎/サイン言語と構造化20

 

「基礎の基礎/サイン言語と構造化20」
菜の花工房カードブックシリーズ@

著者: 「4万ページの支援日誌」実行委員会
出版社: 菜の花工房自費出版 サイズ: A4バインダー方式 ページ数: 60p
発行予定年月: 2011年秋




知的障害者のためのジャンケンを使わないレクゲーム50 

「知的障害者のためのジャンケンを使わないレクゲーム50」
菜の花工房カードブックシリーズA

著者: 「4万ページの支援日誌」実行委員会
出版社: 菜の花工房自費出版 サイズ: A4バインダー方式 ページ数: 120p
発行予定年月: 2011年秋


                                                  このページのトップへ→








「お知らせ」へ




菜の花工房




読んだご感想をお寄せください

fukui@nanohana-koubou.jp




知的障害者施設4万ページの支援日誌

知的障害者施設4万ページの支援日誌


当方リンクフリーです。ご一報いただければ幸いです。
相互リンクを貼りましょう。



トップページ
第1集 個性豊かな子どもたち  第2集 そして悩める職員たち
   第3集 知的障害ミニ知識  第4集 何でもご相談コーナー
今月のイチ押し  お知らせ  このページのトップへ




ふくい菜の花工房鍵つきトイレットペーパーホルダー
知的障害者のためのレクリエーション指導講座
高齢者のためのレクリエーション指導講座
トイレットペーパーホルダー今昔物語




4万ページの支援日誌/おねがい、ボクをみて!

Copyright(c)2007 Fukui Nanohana Koubou All Right Reserved

無料 アクセス解析RMT